ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。

保健事業のご案内

本年度も、みなさんの健康づくりをサポートする事業を積極的に実施します。ぜひ、ご活用ください。

日帰り人間ドック・脳ドック・脳検査補助

健保が契約している実施機関で日帰り人間ドックや脳ドック・脳検査を下記の自己負担額で利用できます。

日帰り人間ドック 自己負担額:12,000円

脳ドック・脳検査 自己負担額:10,000円

対象年齢  35歳以上の被保険者・被扶養者

  • ※健保契約機関に限る
  • ※日帰り人間ドックと脳ドック・脳検査それぞれで、年間一人一回の利用
    (当年 4/1~翌年 3/31)

胃がんリスク検診(1~3月)無料

35・40・45・50・55・60・65・70歳(5歳ピッチ)の被保険者のうち、希望者を対象に実施します。

  • ※任継者は除く

大腸がん検診(1~3月)無料

35歳以上の被保険者のうち、希望者を対象に定期健診時に実施します。

  • ※任継者は除く

女性がん検診(年間)※1

子宮がん検診・乳がん検診※2を受けた被保険者ならびに被扶養者を対象に、検診費用の一部を補助します。

[補助金額:年間5,000円(年間通算の上限額)]

対象年齢  35歳以上(ただし、子宮頸がん検診は20歳以上)

  • ※1【補助の対象】各種健診機関または自治体が実施しているがん検診
     ただし、治療に関する検査は対象外(健康保険は使えません)。
  • ※2 マンモグラフィ検査は2年に1度の補助。
  • ※年間:当年 4/1~翌年 3/31

インフルエンザ予防接種補助(9~2月) ~PepUpでの申請に変わりました~

インフルエンザ予防の決め手は、手洗いやうがい等の衛生管理とともに「予防接種」にあります。「予防接種」を受けることでインフルエンザにかかりにくくなり、またかかってしまっても重い症状になることを防ぎます。当健保では「インフルエンザ予防接種」にかかる費用の一部を補助します。

[申請の流れ]

  1. 9月~2月末
    接種を受ける
  2. 毎月20日締
    PepUpで申請をする
  3. 後日
    決裁完了メールが届く
  4. 翌月
    給与にあわせて支給

[申請の概要]

対象者 平和堂健康保険組合加入者(被保険者・被扶養者)
  • ※接種日に資格のある方に限る。
補助金額 同一年度内、一人あたり2,000円を上限(2,000円未満の場合は実費支給)
接種期間 当年9月1日~翌年2月28日
申請期間 当年9月1日~翌年3月10日
申請者 被保険者が被扶養者の分もまとめて申請
  • ※被扶養者のIDではPep Upの申請メニューは表示されません。
申請回数
(制限)
申請回数は1回限り。2回接種される方は、2回目終了後にまとめて申請。
申請方法 紙の申請書は廃止し、すべてPep Upでの申請に変更になりました。
Pep Upにログインし、「各種申請」メニューから申請ください。
〇申請方法はマニュアルを参照ください。
補助金申請マニュアルはこちら
〇未登録の方は、まずPepUpの登録をお済ませください。
Pep Upの登録についてはこちら
領収書等の
アップロードについて
領収書等は、申請時にスマートフォンやスキャナ等で撮影・データ化し、アップロードが必要となります。
  • ・医療機関で接種された方
    ①医療機関発行の領収書
  • ・集団接種された方(店・本部)
    ①医療機関発行の領収書
    ②預り証等(店舗・本部発行)※領収書が発行されない場合
領収書等の記載事項について ※領収書等には、下記①~⑤の記載が必要です。
①接種者氏名 ②接種日付 ③接種金額 ④発行者名・印
⑤インフルエンザ予防接種であることの記載
  • ※記載がない場合は、医療機関で手書きしてもらうか、明細書など接種がわかる書類を追加で添付ください。
支給方法 毎月20日までの申請受付分を翌月の給与と一緒に支給します。
(任意継続の方は翌月末の振り込みとなります。)
その他 下記①~④の事由に該当される方に限り、専用申請書(紙)での申請を受け付けます。ご希望の方は当健保までご連絡ください。
  • ①スマートフォン非保有者で、インターネットも利用できない方
  • ②当年度11月16日以降に新規加入の方
  • ③外国人技能実習生の方
  • ④その他のやむを得ない事情により、当健保が認めた方

特定健康診査(4~3月頃)無料

いわゆるメタボ診断。40歳以上の被保険者ならびに被扶養者を対象に実施します。
ただし、被保険者は事業所の実施する定期検診とかねて実施しています。
対象者の方には、4月頃に受診券をお配りします。

特定保健指導(7~3月頃)無料

特定健診の結果に基づき判定された方に、専門家が個別にていねいな保健指導を行います。
対象者の方には、直接利用券の案内等をします。

医療費通知(年1回)

1~12月診療分を2月に通知

医療費のコスト意識を高めていただくために送付します。

ジェネリック医薬品の差額通知(年間)

先発医薬品をジェネリック医薬品に切り替えた場合の差額を個別にお知らせします。

(該当者を絞り込んで実施します。)

ページトップへ